気管支喘息の予防対策を身に付けよう!

気管支喘息とは

気管支喘息とは、気管支の粘膜に何かの刺激で炎症が起きる状態をさします。気管支喘息は発作する場合、呼吸困難、咳や痰、喘鳴、息苦しさなどの症状が目立ちますが、放置しておくと、重篤になってしまう場合、息苦しくて横に慣れない、動くのも苦しい、息が苦しくてしゃべれないなどの症状が現れてくることができます。最近の調査によって、気管支喘息の患者数は増えている一方です。原因というと、近年以来の家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたことなどから考えられています。

気管支喘息の予防対策

気管支喘息の予防対策というと、根本的な原因となるアレルゲンを身の周りから除去することは近道です。また、季節的なものであれば、その時季は無理をしないように心がけることが大切です。具体的に言えば、花粉が飛ぶ季節や、大気汚染がひどい天気にできるだけ、長時間に外出しないでください。もし出かける場合、マスクを付けることが大切です。更にマスクの性能を最大限活用するためには、顔の大きさに合ったサイズ選びと正しいつけ方を知っておくことが必要です。

運動誘発型の気管支喘息の場合、普段の生活で激しい運動を避けたほうがいいと言われていますが、運動誘発型喘息を克服するために、全く運動しないことではなく、ウオ-ミングアップをして、徐々に運動負荷量を増大していくと 発作を起こしにくくなります。

また、気管支喘息患者によって最も重要なの予防対策は喘息治療薬を手元に常備しておくことです。ここでおすすめしたい喘息治療薬は吸入ステロイド薬です。飲み薬と比べて、水なしで使用がとても便利で、また患部に直接に作用して即効性が高くて長期の使用に適していると言われています。

 

 

返信を残す

必須項目には印がついています*