気管支喘息に効き目の栄養成分

気管支喘息は発作すると苦しいことになります。ですが、原因となる食品を明らかにし、その食品を除去します。アレルゲンは食品とは限りませんが、食品である場合はそれを除去します。また、ヒスタミン、コリン、香辛料を避けます。食べやすい、消化の良いものをとることを心がけましょう。以下は気管支喘息に改善できる栄養成分をご紹介します。

1.EPA  →  気道の炎症を改善する

気管支喘息は、気管支の粘膜が慢性的な炎症の状態にあるために起こる病気です。この炎症が強いほど、気管支が刺激に反応しやすく、症状が重くなります。

EPAには炎症をしずめるはたらきがあり、難治性の喘息に著しい効果を発揮したと報告されています。

2.DHA  → 気道の炎症を改善する

魚の脂肪には炎症を改善する効果があります。DHAには健脳効果をはじめ、EPAと同様にコレステロール低下、心臓疾患予防などの数多くの作用があることが良く知られていますが、気管支の炎症を改善することで、喘息の発作を抑える効果もあります。

3.タウリン → 気道の収縮を抑制する

喘息は、何らかの刺激によって気管支と気道が収縮し、狭くなるために発作が起こります。喘息患者は気管支が非常に敏感なため、普通の人にはなんでもない刺激に対しても、敏感に反応します。タウリンには、この気道の収縮を抑制する効果が認められています。

4. βーグルカン → 免疫力を高める

体のもつ免疫機能を高め、がんを予防するといわれているβーグルカンですが、免疫機能強化は、アレルギーにももちろん効果があります。また、アレルギーの原因となるヒスタミンが増えすぎるのを調整する作用もあります。