吸入薬とは?

吸入薬とは
吸入薬とは、吸入用の気管支喘息治療薬です。一般的に吸入補助器で吸入薬を肺に吸入します。吸入薬は大きく分けて3種類があります。即ち、気管支をひろげて呼吸を楽にする交感神経刺激剤、気管支をひろげて喘息の発作を予防する抗コリン剤、炎症を抑えて喘息発作を予防する副腎皮貫ホルモン剤という三つのものです。

吸入薬の選択
喘息発作の程度と頻度、また年齢によって吸入薬も異なっています。それで、吸入薬の選択は重要だとされています。例えば、吸入ステロイド薬は、気道の炎症や過敏症を抑制することができ、気道が狭くなるのを改善し、喘息発作の治療薬として長期管理において、第一選択薬です。

それでも、小児の場合、軽症持続型であれば、2歳未満の乳児では吸入ステロイド薬を慎重に使用してください。2歳以上なら、基本治療薬として用いられることができます。15歳以上の成人の場合、軽症間欠型のうちから吸入ステロイド薬は一番適切な治療薬だと認められています。

ほかには、β2刺激薬は気管支を拡張する薬で、効果が速く出ることができて短時間作用性のものは発作治療薬として使われます。抗アレルギー剤はアレルギー反応によって起こる化学伝達物質の遊離を抑制することにより、気管支喘息の発現を防止する効果があります。それで、自分の症状によって自分に一番相応しい吸入薬を選ぶことが大切です。