吸入薬を利用し最大のメリットとは?

喉みなさんは 吸入薬を利用したことはありますか?主に、喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器の疾患の治療や発作の予防として、吸入薬を利用します。吸入の最大のメリットは、薬を吸い込むことで気管支に直接薬を作用させることができることです。

そのため、投与する薬の量が飲み薬や注射薬などに比べて少なくてすみます。また、他の剤形に比べ、副作用の頻度も少ないと言われています。

吸入の一連の段取りは
①吸入の道具を準備する、
②息を吐はく、
③吸入する、
④息こらえ、
⑤うがいするの5 段階で、

この一連の段取りをしっかり行うことで、吸入薬の効き目を出ることができます。しかし、吸入療法は薬を吸入するための道具を利用するため、その道具の使い方や吸入の手技を取得する必要があります。では、吸入の道具にはどのようなものがあるのでしょうか?
吸入の道具には、ネブライザーを用いた吸入と定量吸入器(MDI)があります。また、MDI には加圧噴霧式定量吸入器(p-MDI)とドライパウダー式吸入器(DPI)の 2 種類があります。今回は、p-MDI(エアゾール型)の吸入薬を取り上げ、吸入方法の注意点をご紹介します。

◆p-MDI(エアゾール型)
エアゾール型の吸入薬は、エアゾール缶を押すと1回分の薬液がエアゾールとなって瞬時に噴出する仕組みになっています。このため、薬剤の噴霧と吸入を同じタイミングで行う必要があり、吸入のときには3 秒を目安に吸入を持続する必要があります。

「ゆっくり深く吸う」と説明書に記載があるものもあります。このタイプは、小型で携帯しやすく、発作時などの緊急時でも使いやすいことがメリットとされています。主薬と噴霧ガスが分離型の吸入薬(アドエアエアゾールなど)は利用前に振る必要があります。

薬剤によっては振る必要のないものもありますが、利用前に容器を振ることで統一して考えましょう。 薬剤の噴霧と吸入を同じタイミングでできない場合、吸入補助(スペーサー)を利用することで、自分のタイミングで吸入することができるようになり、口腔内の副作用を軽減することもできます。また、残量が分からなくなるのを防ぐためにカウンターがない道具は、初回時に終了予定日を記載したり、製薬会社から提供される残量計を使ったりすることもできます。